マイナビ薬剤師は登録すべき?評判と登録すべき人を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マイナビ薬剤師

<この記事について>

この記事では「転職を考えた時にマイナビ薬剤師に登録すべきか」をテーマとして、下記目次の通りマイナビ薬剤師がどんなサイトかお話していきたいと思います。

「マイナビ薬剤師の良い点・悪い点は?」「他のサイトとどう違う?」という方を中心に参考にしていただければ幸いです。それでは早速見ていきましょう!

<目次>

(1)転職サイトはどんな観点で判断すべきか

(2)マイナビ薬剤師の特徴

(3)マイナビ薬剤師と他のサイトとの違い

(4)マイナビ薬剤師に登録するべきなのはどんな人?

(1)転職サイトはどんな観点で判断すべきか

まずはじめにお話ししておきたいのが、そもそも転職サイトを登録するにあたってどういう観点で自分に合う、合わないを判断すべきかということです。

おそらくしっかりと調べる人であれば「転職サイト 特徴」や「マイナビ薬剤師 評判」などのキーワードでググってるかもしれませんが、そこで気がつくのがサイトによって真逆のこと言ってる・・・ということなんですね。例えばあるサイトでは連絡でしつこくないことが良いと書かれてあるのに、検索結果でその一つ下に出てくるサイトではお節介なくらい連絡が多いと書かれてあって私も転職する時に最初は何を信じていいかわからず「助けてGoogle先生・・・(パソコンカタカタ以下ループ)」と検索の闇にはまってました。

なぜこんなことが起こるかというとみんな自分、あるいはインタビューした人の経験談にもとづいて書いているからです。当然会社毎にカラーはあれどキャリアアドバイザーにも色んな方がいるので様々な対応がされるため、一人一人意見が食い違ってくるんですね。

そこで今回はキャリアアドバイザーという人のバイアスがかからない部分で特徴などをお伝えしていければと思います。

薬キャリやファルマスタッフ、リクナビを紹介している記事もあるのでそちらでも同じことを言っていますが、よければそちらも参考にしてください。

(2)マイナビ薬剤師の特徴

https://pharma.mynavi.jp/

▪サイトとしての特徴

①求人数はそこそこ多い

マイナビは皆さんご存知の通り薬剤師だけではなく幅広い業種を扱っている大手の転職サイトなので、多くの業界・長い年月でユーザーの使いやすさを研究され尽くしているためサイト自体の使い心地は間違い無いですし、ネームバリューがあるため求人掲載依頼も多いです。

②求人の内容ページの情報が豊富

また掲載をする職場も情報だけもらうのではなく求人の責任者とその職場にはどんなアピールポイントがあって逆にどんな人を採用したいかをしっかりと打ち合わせをするため職場の中身のこともよく把握しているため、求人のページも担当者の生の声が載っています。これも人数が多い大手だからできることですね。

▪会社としての特徴

①扱っている求人の幅が広いが派遣は扱っていない

掲載されている求人の種類としては調剤薬局やドラッグストアだけでなく病院や企業の求人もわりと多いです。契約社員やパートも探せるのでひとまずマイナビに登録しておけば大体の求人は網羅されているイメージですね。

ただし派遣は扱っていないので派遣も視野に入れている人は要注意です。

②地方にも拠点を置く現場主義

実は転職サイトを運営している人材会社は地方にはあまり拠点をおかず、拠点がない地域にいる求人掲載企業や求職者とは電話でやり取りをすることが多いです。しかしマイナビは地方にも拠点を置き、職場に訪問して打ち合わせをしますし求職者とも対面で面談が可能です。

それくらい現場の情報、生の一次情報というものを重視している会社と言えます。

③(会社のスタンスとしては)細かいヒアリングをしてマッチする求人を紹介する

最初に説明した通りキャリアアドバイザーの質にはばらつきがあります。その中でも一応会社のカラーというものは存在するのでご紹介しておくと、マイナビは多くの求人・現場のリアルな情報を持ち合わせているので条件をかなり細かく聞いてそれに合わせた求人を紹介するというスタンスです。

実はマイナビは満足度No. 1なんですが、その理由はおそらくここから来ており、マッチしない職場を無理やり薦められるということが少ないのでしょう。

逆に求職者も気づいていなかったニーズや言語化できていない部分を掘り起こすような提案はあまりない印象です。

▪メリット

上記の特徴からメリットは以下3つです。

①希望条件に合った求人を紹介してくれる可能性が高い

おそらくヒアリングの際に何を聞くかは社内で体系化されているためだと思いますが、かなり細かく条件を聞いてくれるので希望条件を伝えればその通りの求人を持ってきてくれる可能性は高いです。

ただし、あくまでイメージですが高年収の求人だけはあまり探してくるのが得意ではないような気がします。満足度を重要視しているのであまり希望年収の到達に重きを置いていないだけかもしれませんが(意外と人間は希望年収にわずかに届かなくても労働環境が良ければ満足するものなのです)

②職場の内情を把握していることが多い

先ほどお伝えした通り職場をしっかりと訪れてどんな状況か把握しているので、どんな人が働いているか、逆にどんな人が辞めていったかなどリアルなストーリーを語ってくれます。

興味を持っている職場に転職支援をした実績があることも多いので、聞いてみると転職後のその人がどういうところに満足しているかなど教えてくれるかもしれません。

③地方に住んでいる、もしくは地元に戻りたいなどの場合に心強い

地方案件に強いというのはマイナビの大きな特徴ですね。特に薬剤師の方は東京に出てきたものの地元に帰りたいという人も結構いらっしゃると思うので、そういう場合には地方の拠点と連携して情報などを調べてくれます。

すでに地方にいるという方は説明するまでもなく安心して登録できますね。

※無理に求人を勧めてきたり転職を急かしてくることが少ない

これはキャリアアドバイザーによるので参考程度に聞いてほしいのですが、マイナビは転職を急かしてくることが少なく連絡の頻度も適切なことが多いです。条件に合う求人が見つかった場合のみ連絡してくるという感じですね。ちゃんと連絡する時間帯も勤務中の時間を外すなど考えてくれます。

キャリアアドバイザーといえども営業としての役割も担っている中でゴリっと転職させてくるような人はあまり信用できませんよね。

▪デメリット

デメリットとしては一つだけで「派遣を扱っていない」ということですね。場合によっては派遣という就業形態の方が合うかもしれないのに、マイナビでは派遣は扱っていないので提案されることもありません。なのでまだ転職検討を始めたばかりであまり内容が固まっていないという人は幅広い観点を持つためにマイナビと一緒に薬キャリやファルマスタッフのような派遣を扱っているサイトも登録して置いた方が良いです。

(3)マイナビ薬剤師と他のサイトとの違い

まずお伝えしておきたいのは違いを知ってどのサイトか一つだけ選んでくださいというのではなく、複数のサイトに登録をして使い分けをしてほしいということです。大切なので何回も言いますがキャリアアドバイザーの質にはばらつきがあるのでこのサイトに登録しておけば間違いないというのはありません。必ず複数登録しましょう。

▪他サイトとの大きな違いは3つ

さて、違いですが特徴の項目でお話ししたのがそのまま違いとなります。

①希望に対しての求人のマッチ率の高さ

②職場内情に精通している

③地方案件に強い

の3つとなります。逆に言うと条件は完全にはマッチしていないが本当はその求職者に合っている求人が出てこなかったり、なかなか条件に合う求人がないため提案ペースが遅い、など強みが弱みに変わることも起こり得ますので一長一短ですね。

▪リクナビ薬剤師との違い

特にマイナビとリクナビって同じように思えるんだけど?という声も結構聞くので少しお話ししておきます。

実際この2社でめちゃくちゃ違いがあるかと言われるとそこまでではないのですが、リクナビの方が少し大手の求人紹介が多いのと少し給料が高い求人を多く持っているくらいです。

キャリアアドバイザーの質は人によるという感じなので、違いとしてはあまり参考にならないかもしれませんが(笑)大手志向に人はリクナビを中心にした方がいいと思います。

(4)マイナビ薬剤師にするべきなのはどんな人?

では最後にマイナビが合っている人をご紹介して終わりたいと思います。

下記に当てはまる方はとりあえず登録しておいて損はないでしょう。

▪転職初心者

初めての転職で正直何をしたらいいかわからないし、面接などもサポートしてほしいという方はマイナビはオススメです。

丁寧に1から教えてくれますし、履歴書対策、面接対策などマイナビ全体で培った転職サポートやノウハウが豊富です。

また、大手なので平均値としてはやはりキャリアアドバイザーの質は高めです。もちろんこればかりは運がありますが。

▪地方在住、または地方への転職を考えている方

もう結構説明してきたと思うので今更くどいと思いますが、やはり地方はマイナビに登録しないというのはあり得ないですね。一択と言ってもいいくらいですが、やはりリスクヘッジのために複数のサイトに登録はしておきましょう。ただしメインでマイナビを使用するという使い方でいいと思います。

▪人間関係など労働環境重視の方

薬剤師の転職理由の本音として多い人間関係ですが、中々転職前に知るというのは難しい場合も多いかと思います。しかしマイナビは求人掲載先には何回も訪問してその職場の内情を知っている場合も多く、「転職先はアットホームな職場がいいな」と考えている方はそういう雰囲気重視なことを伝えると良い職場の求人を持ってきてもらえます。

もちろんマイナビだからと信用しきらずに実際に職場訪問は欠かさないでくださいね。

 

さて今回はマイナビ薬剤師について色々とお話ししてきました。この「サイトシリーズ」は薬キャリ、ファルマスタッフ、リクナビ薬剤師もあるので是非参考にしてくださいね!

それでは今日はここで!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。