薬剤師が転職時に抱える4つの不安とそれに対するアドバイス

薬剤師転職の不安

<この記事について>

この記事では「薬剤師がよく抱える不安とその対処法」をテーマとして、下記目次の通り薬剤師の転職時の不安についてお話していきたいと思います。

「転職していいのかな?」「他の人はどうなんだろう?」という方を中心に参考にしていただければ幸いです。それでは早速見ていきましょう!

<目次>

(1)転職時のよくある4つの不安

(2)不安解消のための5つのアドバイス

(3)安心して転職するのにオススメの転職サイト

(1)転職時のよくある4つの不安

初めての転職となるとやはりちょっと不安というか、本当に転職して大丈夫かなぁと思いますよね?それは転職を考えているあなただけではなく他の人も通って来た道ですし、私もよく「どうやって転職を成功させるか」の前に「そもそも転職して大丈夫か?」という相談を受けます。

そこで今回はそんな方のためによく相談を受ける内容をまとめました。なので後ほど不安に対するアドバイスもしますので、この記事を読んで一歩踏み出す勇気を持っていただければと思います。

①転職したとして次はうまくやっていけるだろうか

まずはこれですよね。現状に不満がある人であれ、スキルアップのためであれ転職の理由は様々ですが、次の職場も結局人間関係がうまくいかなかったらどうしようとか周りのレベルが思ったより高かったらどうしようとか不安になる気持ちはすごくよくわかります。

人間には現状維持バイアスというものがあり、変えたいという思いと変わりたくないという矛盾した感情を持つ生き物です。例え今の職場に満足していなかったとしても慣れている部分があるのも事実なので、その環境を変えるというのは結構なストレスになるものであり、未知なものに対しては憧れと同時に不安を抱くようにできています。

この手の不安は感じる方が普通なので、ある意味しょうがないと開き直った方がいいですよ(笑)

②理想の職場に行けたとして自分のスキルで大丈夫だろうか

この悩みは上と似てますが、より具体的にイメージできている人にありがちです。

年収や労働時間などが希望通りだったり、よりレベルの高い職場に行けたとして、自分が通用するだろうかと考えてしまうこともありますよね。特に面接で自信満々にいかに自分が仕事ができるかをアピールした時とか(笑)

これも結構杞憂な場合が多く、他の人にできてあなたにできないことはそんなにあるもんじゃありません。なので自信を持ってくださいと言いたいところですが、実際に仕事ができる人が集まっている職場ももちろんあります。その場合は最初はきついかもしれませんが、なんとか食らいつくことによってその後のキャリアが大きく開けます。ですからそんな職場で採用された場合は得したと思いましょう。

③あまり長く今の職場で働いていないがキャリアに傷がつかないだろうか

これは場合によりけりですが、複数回短期間の転職があると確かに採用されにくくなるというのはあります。面接官としてもすぐ辞められてしまうのではないかと思ってしまいますからね。ただ1、2回では理由がきちんと説明できれば大丈夫です。もちろん嫌だから辞めた、というレベルの説明では面接官も納得しないのできちんとあなたがどういう考えを持って転職して何故短期間で転職しようと思ったのか論理的な説明ができることが大事です。キャリアアドバイザーに面接の練習をしてもらいましょう。

ただし新卒で入って数ヶ月で転職はあまりオススメはしないです。損切り判断ができるくらいのしっかりとした思考を持っていれば別ですが、新卒でその能力を持っている人はほとんどいません。そのくらいでスキルは身につかないというのは事実ですし、今の職場で身につけられることは必ずあるので新卒1年未満の人はもう少し続けることをおすすめします。例外としては心身に負担がかかりすぎている場合ですね。私は根性論は嫌いなので、身を削ってまで頑張る必要はないと思います。

④周りの人に「忍耐力のない奴だ」と思われないだろうか

意外と気にする人が多いのがこれですね。これが理由で転職したというのを伝えたがらない人が多いみたいです。まぁ日本は元々終身雇用の考えが強い国なのでわからなくもありませんし、特に若い人ですと親からは何か言われる可能性はありますね。私はチクっと言われました(笑)

でも正直一つの企業に最初から最後まで勤めるという時代は終わってます。特に薬剤師は出産を機に一度退職して、子育てが落ち着いてから再度就職するママさん薬剤師も多いので他に比べると転職に理解のある業界です。もしかしたら50代以上の世代には中々理解してもらえないかもしれませんが、ここは価値観の違いだと思って割り切ったほうがいいですね。

(2)不安解消のための4つのアドバイス

さて、ここからは不安を解消するために実行すべきことをアドバイスさせていただきます。これによって皆さんの不安が取り除ければ幸いです。

①転職した人に話を聞いてみる

先ほどもちらっと言いましたが人間は知らないから不安になるのです。転職した人の話を聞いてイメージが湧いてしまえば思ったより転職って大きな事じゃないなとわかるはずです。

キャリアアドバイザーに話を聞くのもいいですが、転職の専門家だとちょっと聞こえの良いことを言う可能性もあるかもしれませんので普通に同じ職場の中途入社の人とか先輩なんかで転職経験者がいたら話を聞いてみましょう。

②このまま今の職場で続けた場合どうなっているか想像してみる

次は理屈で考えるという解決案です。転職が頭にちらついてるということは何かしら理由があるはずです。その理由とはおそらく今の職場で働くデメリットです。今の職場で続けることによるデメリットと転職した場合に起こるかもしれないデメリット=不安(例えば次の職場で人間関係がうまくいかないかもしれないなど)を比べてどちらを選択する方が良さそうか考えてみると自分の考えがはっきりとするでしょう。もしかしたら一時的な感情で転職しようと思ってしまっただけかもしれませんしね。

③転職に踏ん切りがつくまで焦らない

次に大事なのが焦らないことですね。不安に感じるということは自然なことではありますが、心のどこかで転職をする正当な理由がないと感じているのかもしれません。今の職場が嫌という方の気持ちもすごくわかりますし、そんな理由で転職するなとは決して言いませんが、考えなしの転職はあまりおすすめしません。いわゆるジョブホッパーと面接官に思われてしまうのは環境を変えることにストレスを感じにくくすぐ転職する人ですので、不安な気持ちがあることを大切にしてください。

④自分の人生について考えてみる

最後はちょっと哲学的な感じです(笑)これからも続く長い人生の中で、今回の転職というのはどういう役割を果たすのでしょうか?転職によって人生が好転するイメージがつきますか?それであれば勇気を出して転職すべきかもしれませんね。

自分の選択に自信が持てないのは当たり前です。未来のことなので正解かどうかなんてわかりませんから。転職に対する不安を持つこと自体は正解です。リスク管理ができているということです。考えなしに生きているよりもよっぽどしっかりしています。どうかその気持ちを有効活用して悔いのない転職にしてください。

(3)安心して転職するのにオススメの転職サイト

それでは最後にまだ転職に対して不安な方でも安心して利用できる転職サイトをご紹介します。うまく転職するということだけではなく親身になって話を聞いてくれるキャリアアドバイザーがいる薬キャリとマイナビを選定しています。

■薬キャリ

https://pcareer.m3.com/

薬キャリの強みは以下2点になります。

①キャリアアドバイザーが親身に対応してくれる!

②求人数が薬剤師業界で一番多いので幅広い悩みに答えられるだけの求人を持っている!

■マイナビ薬剤師

https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師の強みは以下2点になります。

①人材業界大手のためノウハウが蓄積されているのでキャリアアドバイザーのレベルが高い!

②地方にも拠点があるので地方の方も面談可能!

 

それでは今回はこれで!