資格取得は薬剤師の転職や年収アップに本当に有利?

資格を受ける薬剤師

<この記事について>

この記事では「薬剤師が資格をとって有利に転職できるか」をテーマとして、下記目次の通り薬剤師の資格にまつわる疑問についてお話していきたいと思います。

「プラスで資格って取ったほうがいいの?」「資格とって本当に意味あるの?」という方を中心に参考にしていただければ幸いです。それでは早速見ていきましょう!

<目次>

(1)色々な資格があると年収は上がる?

(2)薬剤師の資格の種類

(3)結局何したら年収上がる?

(4)年収を上げるのにオススメの転職サイト

(1)色々な資格があると年収は上がる?

▪️「資格を取って年収をあげよう!」は半分嘘

「資格取得=年収アップ?」は薬剤師業界に限らず世間でずっと議論されている話題ですね。結論から言うと資格を取っただけでは年収が上がったり、転職でめちゃめちゃ有利になることはないです。資格予備校のイメージ操作の影響ですね。

▪️結論出たけどこの記事読む意味ある?

いきなり読む気なくしましたか?(笑)この記事では「資格なんか意味ないからやめろ」とか短絡的なことを言うつもりはありません!「年収を上げるために」「転職で有利になるために」という観点で資格の本来あるべき姿や実際にどうしたら良いのか参考になるようにお伝えするので是非読んでください。

▪️資格を取る意義

ちなみに先ほど「半分嘘」という言葉を使いましたが「資格取得者を優先的に採用するわけでも、資格を持っているからと言って人事の目を引くわけではない」という意味で使いました。とりあえず資格をがむしゃらに取るというのは本当に意味がないということです。

では残りの半分は?というと「資格の先に目指すものがある人は年収が上がりやすい」と思ってます。ちょっとわかりにくい表現をしてしまったので言い換えると、資格取得そのものが目的ではなく、自身の描くキャリアパスがあり、それに伴って学びたいことがあり、それが結果として資格の勉強になった(別に資格でなくてもいいけどわかりやすいし、期限を設けることでセルフコントロールできればいいというくらいの感覚)というような意思を持った人は仕事に取り組む姿勢も違いますよね。そういう人は転職の面接でも資格取得理由をはっきりと説明できますし、信頼されやすく役職もつきやすいので年収アップや転職がしやすいです。

簡単にいうと資格取得の目的と手段を履き違えないようにしましょうという話です。

▪️取るとしたらどんな資格がいい?

とはいえ、いきなりそんな有能っぽい人生送れないよ〜という方、安心してください。私もそちら側の人間です(笑)なのでいきなりハードルを高く設けず、ここからは取るとしたらどんな資格?というテーマでお話ししていくので、これからどのようなキャリアを送りたいかぼんやりとでもイメージが湧けば幸いです。

(2)薬剤師の資格の種類

ではここからは資格と言っても何があるかをまず説明し、それぞれ詳しく内容を見ていきましょう。

▪️薬剤師向けの資格

これはすごくわかりやすいと思いますけど、主に「認定薬剤師」と「専門薬剤師」のことですね。認定薬剤師でいうと「漢方・生薬認定薬剤師」や「がん薬物療法認定薬剤師」、専門薬剤師だと「精神科専門薬剤師」みたいな感じですね。

▪️認定薬剤師と専門薬剤師の違い

念のため認定薬剤師と専門薬剤師の違いだけ説明しておくと、

「研修認定薬剤師」だけはちょっと毛色が違って、資格取得後のメンテナンスみたいな立ち位置になってます。薬剤師は国家資格なので一度取得するとなくなることはありませんが、ずっと勉強が必要な職業ではあるので薬剤師としてまだまだいけますよ!というのを証明するための資格です。まぁ自動車免許の更新みたいなもんです。自動車免許と違って必須ではありませんが。

▪️それ以外の一般の資格

上記以外のTHE・薬剤師!みたいな資格以外でいうと、TOEICがあります。薬剤師以外でも人気の資格ですね。でも薬剤師でTOEIC?と思われる方もいるかもしれませんが、年収の高い製薬会社への転職を考えている方はTOEICはありです。ありというか無いと受けれない企業もあります。

マイナビ薬剤師の求人でこんなのがありました。

製薬企業への応募条件

あとはありがちなのは食品衛生管理者とかですかね。そちらの道を目指したいという方以外にはあまりメリットがないのでオススメはしませんが。

(3)結局何したら年収上がる?

ということで結局何したら年収上がるの?転職時に有利になるの?という話に戻します。

▪️年収を上げたり、転職で必要とされるのは実務経験やスキル

年収を上げるという話だけでいうとやはり実務経験やスキルという話になります。それも特化した実務経験ではなく幅広い実務経験ですね。

薬剤師業界は慢性的な人手不足のため「使いやすさ」というのが重宝されます。つまりは何でも屋が求められるわけです。年収というのは結局「その企業が〇〇払ってでも欲しい」というニーズにマッチさせる必要があるので、そこに合わせに行くのが一番早いです。

逆にいうと実務経験が足りていないところを資格で補うというのは一つのやり方かもしれませんね。

▪️年収アップや転職に必要なスキルとは

この部分についてはきちんと別記事で書こうと思いますが簡単に説明しておくと、求められるのは「普遍的な仕事力」「マネジメント力」となります。

「普遍的な仕事力」というのはきちんとコミュニケーションが取れるか、目的から逆算した行動や仮説検証ができるか、といった内容です。すごくビジネスライクですね・・・ただ薬剤師もビジネスなのでこういったビジネススキルは求められます。

「マネジメント力」というのはいうまでもなく管理職経験の有無です。説明不要でしょうが、肩書きだけの話ではなく、どのような職場でどんな困難があったかなど詳細に聞かれるので、事実上一人の店舗でなんちゃって管理職でした、では辛いです。

(4)年収を上げるのにオススメの転職サイト

今回このパート必要かな?と思ったのですが「転職を成功させる」というのがこのサイトの主旨なので一応やっておきます(笑)

今回は年収を上げるという観点で薬キャリとリクナビ薬剤師を選んでいます。

■薬キャリ

https://pcareer.m3.com/

薬キャリの強みは以下2点になります。

①薬剤師業界に特化して入るため求人数が多い!

②掘り出し物の高給求人を持っている可能性が高い!

■リクナビ薬剤師

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

リクナビ薬剤師の強みは以下2点になります。

①キャリアアドバイザーのレベルが高い!

②特に大手企業の求人に強いので、高給狙いの方は使用したほうがよい!

 

それでは今日はこの辺で!