薬剤師が調剤薬局に転職するにあたってオススメと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

調剤薬局転職の画像

<この記事について>

この記事では「調剤薬局への転職」をテーマとして、下記目次の通り調剤薬局勤務の薬剤師の全貌を明らかにしていきたいと思います。

調剤薬局への転職を考えている方を中心に参考にしていただければ幸いです。それでは早速見ていきましょう!

<目次>

(1)調剤薬局の業務は?

(2)調剤薬局勤務の薬剤師って本当に働きやすい?

(3)調剤薬局勤務の薬剤師の給料ってぶっちゃけ高いの?

(4)調剤薬局はどんな人におすすめ?どうやったら失敗しない?

(5)調剤薬局に転職すると決めたら、おすすめしたい転職サイトはこれだ!

(1)調剤薬局の業務は?

まず気になるのが当たり前ですが調剤薬局での業務内容です。大きく分けると4つですね。(4つ目はどこの薬局にでもある業務ではありませんが。)

それぞれ説明していきます。

 

1.調剤業務

病院の医師が出した処方箋に従って、患者さんのために薬を処方する業務です。調剤薬局の代表的な業務ですね。剤形や量、服用方法などを考えて早く正確に取り揃える必要があるので、あまり慣れていない科目を担当するとなると苦労します。

更にいうとただ処方箋に沿って調剤すればよいということでもなく、調剤の前段階として処方に間違いがないか、患者さんの薬歴や体質などから副作用が懸念がないか確認しなければいけません。

大きな病院になると病院内で調剤を行なっているところもあるので、将来的に病院への転職を考えているのであれば必要なスキルではないでしょうか。

 

2.服薬指導

当然ながら薬をただ渡すだけではなく使い方を説明する必要がありますよね。どの頻度でどのくらいの量を、という説明もそうですが副作用がある薬については患者さんの生活習慣などをヒアリングしながら注意点を説明しなければいけません。患者さんの中には待たされてイライラしてたり、情報を聞かれるのが嫌いだったり、同じ薬で慣れてるからわかってるよ!という態度をとる方もいるので、実はかなりのコミュニケーション能力が求められる仕事です。

 

3.薬歴管理

薬歴管理も調剤薬局の基本業務ですね。調剤内容とそれを説明したことを記録していき、患者さんの服薬歴や副作用情報を管理していきます。個人的には薬剤師の仕事は「薬にまつわる範囲において正しい情報を提供すること」だと思っているので、そのためにとても大事な仕事だと思っています。その人の体質によって薬の効き目は違いますし、副作用などの観点で安全性を担保しなければいけません。ただ、この業務って面倒何ですよね(笑)この前たまたま見つけたのですが、この業務を効率化するベンチャーがあるみたいなので普及を祈るばかりです。

 

▪B Dash Campピッチアリーナ、優勝は薬局薬剤師向けSaaSのカケハシ | TechCrunch Japan

https://jp.techcrunch.com/2018/03/16/bdashcamp-2018-pitch-arena/

 

4.在宅医療

珍しいですが、中には在宅医療に取り組んでいる薬局もあります。

通院が難しい方などは医師が判断して薬剤師に訪問の指示を出しますので、患者さんのお宅に往診し、調剤や服薬の指導を行います。医師やケアマネージャーが一緒に訪問することもあり、ただ薬を渡すだけではなく患者さんの生活状況や薬の管理状況などをヒアリングする必要があるので、調剤薬局での普段の業務とは違うスキルが求められます。

将来的に増えていくので身につけておいて損がないスキルではないでしょうか。

 

(2)調剤薬局勤務の薬剤師って本当に働きやすい?

調剤薬局への転職理由としてよく挙げられるのが「働きやすい環境」というものです。皆さんも同じ話を聞いたことがあるのではないでしょうか?一般的に調剤薬局は離職率が低いとも言われています。

ではなぜ調剤薬局は働きやすく、離職率が低いのでしょうか?それは調剤薬局は病院に併設してる門前薬局が多いためです。病院は19時で診察を終了するところがほとんどですので、一緒に門前薬局も閉めるのが一般的です。同じ理由で休日もしっかりとあり、さらに環境が整っているところだと有給も取りやすいので、安定して長く働く人が多いのが特徴ですね。

ただしこれらは一般論なので、その職場が働きやすい環境なのかしっかりと見極める必要があります。

では具体的に「働きやすい」と言われている職場の特徴を見ていきましょう。

 

1.残業が多くない

単純に労働時間が長すぎないというのが一つ目ですね。薬剤師全体で見ると残業時間は13〜15時間程度が平均のようですが、調剤薬局は平均くらいの残業時間の職場が多いというイメージです。統計をとったわけではないのであくまでイメージですが(笑)

門前薬局の場合は併設している病院の忙しさや閉院時間により、作業が時間内に終わらなかったり最後の患者さんが来るのが遅かったりする場合もあるので注意です。

 

2.休日がしっかりとある

これも大事な点ですよね。門前薬局は併設の病院に合わせるので土曜は午前中だけ、日曜祝日は完全にお休みとなります。調剤薬局以外の機能を持つところも増えてきたので、その場合は休日が土日祝日とは限らなくなります。それでも休日出勤はそんなに多くないという声は聞きますけどね。

 

3.休暇が取りやすい

残業が多くなかったり、休日出勤がない薬局では有給もそうですが、育休なども含めて休暇が取りやすいです。働きやすい環境のため人が辞めにくく、余裕があるためです。家庭との両立を目指す薬剤師さんにとって大事なポイントですね。

 

上記3つが揃っている職場で働けたら最高ですよね。

ただし、労働環境という意味では転職時に一番把握しにくいのが人間関係ですね。忙しすぎる職場を避けることである程度は人間関係がギスギスしたような職場は回避できるかもしれませんが、お局さまが嫌な人だとか、薬局長がパワハラレベルとかは実際に職場を見てみないとわかりませんからね。大企業なら転勤があるかもしれませんが、個人でやっている薬局や地方の数店舗の薬局だとそうもいかないので、しっかりと検討する必要があります。

 

(3)ドラッグストア勤務の薬剤師の給料ってぶっちゃけ高いの?

結論から言うと高くもなく低くもなく、という感じです。病院勤務以上ドラッグストア、製薬会社以下ですね。

 

1年目年収 平均年収
調剤薬局 380万程度 600万程度
ドラッグストア 400万程度 680万程度
病院 340万程度 550万程度
製薬企業 300万程度 850万程度

 

調剤薬局の特徴としては初任給は悪くないものの給料の伸びが他に比べて良くないという点ですね。理由は先ほどお伝えしたように離職率が低いため、給料というインセンティブを働かせる必要性が薄いからです。調剤薬局に勤めている人は給料は普通でも良い環境で長く安定して働きたいという志向を持っている方が多いので、給料よりもどれだけ働きやすい環境を提供できるかの方が大事なんですね。

さらに地域で差が出るのは当然として(東京や大阪のような大都市の方が給料が高くなります)、企業規模によって年収も変わってきます。当たり前のこと言っているように聞こえるかもしれませんが、薬剤師業界のユニークな点として、給料は実は中小企業の方がもらえたりするんですよ。普通は大企業の方が給料は高そうなイメージありますよね?しかし実際は福利厚生や教育体制は大企業の方が整っていることが多いですが、中小規模の薬局の方が年収という意味では高くなる傾向にあるようです。なぜなら薬局は企業規模が大きいことによるメリットが大きくなく、小さい規模の薬局でも安定して経営しやすい業界のため、その分従業員に十分に給料を支払う体力があリます。大企業に比べると小さい規模の薬局の方が離職率が高いというのも関係しているでしょう。

 

(4)調剤薬局はどんな人におすすめ?どうやったら失敗しない?

▼向いてる人

では調剤薬局に向いているのはどのような方なのでしょうか?ズバリ「プライベートの優先順位が高い人」です!プライベートの優先順位が高いというのは、趣味などがあってプライベートの時間を多く取りたいだとか、子育てがあるのであまり長時間は働けないという人たちですね。その分、給料の高さには高望みしすぎないことが条件になります。

安定して長く働ける、子育てがあるので育児休暇が取りやすい&勤務時間も長くないところがいいという安定志向の方にぴったりの業態ですね。(ちなみに僕は究極の安定志向なので副業としてサイト運営してます。)

 

▼調剤薬局の転職で失敗しないためには

一番気をつけなければいけないのは「本当にその職場は働きやすい環境なのか」ということです。傾向として休みが多かったり、残業が少なかったりする調剤薬局ですが、もちろんその職場によって様々です。門前薬局でも併設の病院が忙しすぎて結局クローズした後に諸々の作業をすることになり終わるのはいつも22時という薬局ももちろんあります。なので間違いなく職場を見に行った方がいいです。できればその職場の人と話しましょう。

探し方としては「複数のサイトで探す→複数のキャリアアドバイザーに相談する」というのをお勧めします。例えばマイナビであれば「土日休み」や「年間休日120日以上」など条件を絞り込めるのである程度あたりをつけることができます。その後は何人かのキャリアアドバイザーの方から情報を聞いた方がいいですね。このサイトでは何回もお伝えしてますが、職場の詳しさなどキャリアアドバイザーの知識にも当たり外れがあるので常に複数の選択肢を持って検討を進めるべきです。

 

(5)調剤薬局に転職すると決めたら、おすすめしたい転職サイトはこれだ!

最後に調剤薬局に転職する際におすすめの転職サイトを2つご紹介します。

特徴はどちらも似ているのでリスクヘッジの観点でどちらも登録するのをお勧めします。

 

■マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の強みは以下3点になります。

①キャリアアドバイザーのレベルが高い!

②絞り込み検索が使いやすい!

③大手から中小まで幅広いドラッグストアの求人数を持っている。特に中小に強い!

 

■リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の強みは以下3点になります。

①キャリアアドバイザーのレベルが高い!

②絞り込み検索が使いやすい!

③特に大手企業の求人に強いので、失敗する確率をできるだけ避けたい方は使用したほうがよい!

 

やはり安定と安心のマイナビ&リクナビですね。どちらも一般的にも人気がある転職サイトだと思うので、ぜひ登録して話を聞いてみてください。それでは今日はこの辺で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。