製薬会社に薬剤師として転職する場合の仕事内容と給料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

製薬会社の画像

<この記事について>

この記事では難関「製薬会社への転職」をテーマとして、下記目次の通り製薬会社勤務の薬剤師の全貌を明らかにしていきたいと思います。

製薬会社への転職を考えている方を中心に参考にしていただければ幸いです。それでは早速見ていきましょう!

<目次>

(1)製薬会社での薬剤師の業務は?どんなスキルがつくの?

(2)製薬会社勤務の薬剤師の給料って本当に高いの?

(3)製薬会社で働くのって給料以外にメリットある?

(4)製薬会社に転職すると決めたら、おすすめしたい転職サイトはこれだ!

(1)製薬会社での薬剤師の業務は?どんなスキルがつくの?

一般的に薬剤師といったら病院や調剤薬局、ドラッグストアでの勤務が一般的ですし、製薬会社での業務って想像しにくいですよね。

なのでまずは製薬会社での業務を大きく6つに分けて紹介していきたいと思います。

正直転職するのは難しい職種もあるのでそれぞれの特徴を知ることで今後のキャリアの参考にしてください!

管理薬剤師

転職者の方が一番狙うべき職種は管理薬剤師になります。何故なら調剤薬局と同じく、企業には管理薬剤師を置く義務があるからです。

というより出荷の判定は管理薬剤師じゃないとできなかったりするので、製造部門には管理薬剤師を置かざるを得ないという方が正しいかもしれません。

そのため製薬会社では管理薬剤師はある意味特別待遇をされます。

出荷判定の権限もそうですし、そもそも薬局やドラッグストアに比べるとあまり社内に薬剤師の数は多くないので、薬剤師というだけですごいと思ってもらえます(笑)

裏を返すと求人が多いわけではないので狭き門ということでもありますね。

業務内容としては製剤見本の管理が主な業務になります。もちろん事務もやりますが。

ドラッグストアや薬局では管理薬剤師の仕事はしばしばマネジメントや経営を指すこともありますが、製薬会社の管理薬剤師は医薬品の管理に特化しており、調剤業務も行わないのが大きな違いですね。

DI

「Drug Information」の略で、学術とも言われます。言葉の通り医薬品の情報を提供する仕事です。活躍する場面としてはMRで回答しきれなかった質問への対応だったり、社内のみならず外部の医療機関や大学研究機関からの問い合わせにも対応します。

そのためかなりの勉強量が必要になる仕事になります。

既存の自社製品や開発中の新薬のみならず、新しい医薬品の情報のキャッチアップや大量の文献や論文を読んで情報をストックしておかなければいけません。もちろん現場から上がってくる副作用や新情報も含めてです。

知識が全ての業務なので、頼られること間違いなしです。

CRA

「Clinical Research Associate」の略です。DIと違って何を言ってるかよくわかりませんが、治験をコーディネートするお仕事です。

実はこの仕事、かなりのスキルが求められます。

いくつかの病院を担当として持つため医者との会話が発生し、医薬品の知見が求められます。さらにどの医療機関が適切か、その医療機関のどの医師が今回の治験には適切か、という選定とそれをうまくプロジェクトとして回していくコーディネートスキルが求められます。

新薬の開発が成功するかどうかに治験プロジェクトは大きく関わってきます。

それほど重要な仕事のため管理職は英語が当たり前のようにできたり、未経験には年齢制限があるなどCRAはエリート集団ですね。

もちろん細かく分けると業務としては幅広いですが、薬剤師の中でも一番ビジネス力が鍛えられる職種だと思います。そして意外と事務系の作業が多いです。

あとたまに間違っている人がいますが、CRCは製薬会社(CRO)の仕事ではなく医療機関(SMO)の仕事になります。ただスキルは似ている部分もあるのでCRAからCRCやその逆の転職はしやすいですね。

ここから下3つは経験者か新卒でないと転職は難しいので簡単に。

MR

医薬品業界の営業と呼ばれている職種です。自社製品のプロモーションや医薬品卸会社への営業も行います。

「営業」というと悪いイメージが持たれがちで「MRは営業ではない」というようなブランディングをする会社もありますが、個人的には成果に応じて給料がどんどん上がっていくやりがいのある仕事だと思います。

MRは年齢的に若ければ中途でも病院の薬剤師などから転職することはできます。

研究職

研究職と開発職は未経験の入社は完全に厳しいですね。そもそも修士以上で卒業してないといけないですし。勤めている間にいくつか成果を残せたら良い方だ、という特殊な職種です。

製薬会社の収益源はやはり新薬の開発ですし、その元となる研究職は一番の花形ですね。僕も頭がよければ研究職に就きたかったです。

開発職

研究職と同じく非常に専門性が求められるため未経験からの転職は厳しいです。研究結果をいかに実現性のあるものにしていくか、というような職業です。研究職よりも目に見える形にはなりやすいですね。

(2)製薬会社勤務の薬剤師の給料って本当に高いの?

今回も結論から言うと調剤薬局・ドラッグストア・病院勤務に比べて一番高いです。初任給こそあまり差はありませんが、給料の伸び方が全然違います。

新卒平均年収 平均年収
調剤薬局 380万程度 600万程度
ドラッグストア 400万程度 680万程度
病院 340万程度 550万程度
製薬会社 350万程度 850万程度

製薬会社の給料は経験のあるなしでも結構変わってきます。そして大事なのは平均年収よりもどの職種か、と役職が与えられるかどうかですね。

MRや研究職が平均給料を押し上げているというのはありますが、管理薬剤師やCRAはなかなかのお給料です。平均年収だと600万〜800万と言ったところでしょうか。

事務がメインのDIは給料が低めで、平均でいうと600万程度になります。それでも薬剤師全体の平均年収は550万程度ですし、安定して給料が高いのは魅力的ですけどね。

なので給料に魅力を感じて病院や調剤薬局から製薬会社に転職しようと思っているなら基本は管理薬剤師かCRAを目指すべきですね。

また、できるだけ大手の方が良いです。調剤薬局と違って製薬会社は規模が大きい方が給料も福利厚生も良いので。

(3)製薬会社で働くのって給料以外にメリットある?

この記事でもひたすら「製薬会社=給料いい」という形で話を進めてきましたが、製薬会社勤務に給料以外のメリットはないのか?と聞かれると、たくさんあります。

1.安定した働き方ができる

一つ目はやっぱり「安定した働き方ができる」ことですね。企業なので土日祝日はしっかり休みですし、定時も決まっています。育休などもしっかり取れるところが多いです。

忙しい時もあると思いますが、新薬の開発で患者さんに貢献できるという意味でやりがいもあるので長く働くにはとても良い環境だと思います。

2.扱われ方がちょっといい

二つ目は「扱われ方がちょっといい」と思います。これはちょっと主観が入りますが、製薬会社は薬剤師だらけの環境ではないので薬剤師は特別待遇されがちです。

病院ではお医者様の方が立場が上ですし、薬局では患者様ファーストでどうしても薬剤師の立場が低くなりがちですが、製薬会社だとそういった関係性もないので気が楽だという意見も聞いたことがあります。

あと薬局やドラッグストアと違って女性が少ないのも影響していると思います。大奥みたいに女性だけの職場ってどうしても女性特有の人間関係が発生してしまいますよね。

もしこれを読んでいるあなたが女性であれば、女性ということでチヤホヤされるのはやっぱり悪い気はしないですよね?(笑)

(4)製薬会社に転職すると決めたら、おすすめしたい転職サイトはこれだ!

ということで製薬会社に転職する魅力を語ってきました。正直、病院じゃないと身につかないスキルが欲しいなど目的がなく「今より条件が良いところに転職したい」という方には製薬会社がオススメです。

それだけ人気の職場で競争率も高いので、最後に製薬会社に転職する際におすすめの転職サイトを2つご紹介します。

毎度のことですが、リスクヘッジの観点でどちらも登録するのをお勧めします。

薬キャリ

https://pcareer.m3.com/

薬キャリの強みは以下3点になります。

①企業案件が多い!

②一目で年収がわかる!

③高年収案件が多い!

マイナビ薬剤師

https://pharma.mynavi.jp/

マイナビ薬剤師の強みは以下2点になります。

①キャリアアドバイザーが非公開求人も含めて色々提案してくれる!

②面談や薬剤師のフォローが充実している!

職場の雰囲気というよりは条件が大事だと思うので、そもそも求人数が多い薬キャリとアドバイザーが丁寧で給与交渉もしてくれるマイナビを選定しました。

どちらもどちらも違った強みがあるので、ぜひ登録して話を聞いてみてください。それでは今日はこの辺で!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。