◆薬剤師の転職 紹介会社選びの極意

薬剤師の転職といえば、人材紹介会社が運営する「転職サイト」を利用するのが主流です。

転職サイトさえ使えばスムーズに転職できると思いがちですが、なかには「希望に沿わない職場に転職させられる」という転職サイトの落とし穴にはまり、転職に失敗してしまう人も…。

薬剤師が転職に失敗しないためには、どうすればよいのでしょうか?

そこで、転職サイト選びの極意をお教えします!


 

-絶対に外さない薬剤師転職サイト選びのポイント-

・転職サイトの選び方

薬剤師の転職は、転職サイト選びで転職の成功・失敗が大きく左右されます。なぜなら転職サイトはそれぞれに異なる特徴があり、強みやユーザーの特性によって会社ごとに優劣がつくため、慎重に比較し、選ぶ必要があるからです。

では何を比較すればいいのでしょうか? 転職には比較すべき重要な項目がいくつかあります。

 


◆転職に重要な項目

-希望する雇用形態の求人を転職サイトが取り扱っているか【雇用形態】

-希望する職場の求人を転職サイトが豊富に持っているか【職場】

 

例えば、大手転職サイトの代表である

「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」「ファルマスタッフ」で下の表のように

得意分野に大きな違いがあるのが一目瞭然です。それぞれのポイントを1つずつ解説していきます。

 

薬キャリ
【雇用形態】
正社員・派遣・パート

 

【職場】
病院・調剤薬局

 

マイナビ薬剤師
【雇用形態】
正社員・パート

 

【職場】 
企業・ドラッグストア

 

ファルマスタッフ
【雇用形態】

正社員・パート

 

【職場】
企業・病院

 

 

転職する上で非常に重要になる点を、個別にみていきます。

【雇用形態】希望している雇用形態の求人があるか

薬剤師には正社員・派遣・パートと複数の雇用形態があります。

そのため、どのエージェントがどの雇用形態の求人を多く取り扱うかチェックが必要となることを

覚えておいてください。

 

【職場】希望する職場に強い転職サイトか

あなたが選んだ転職サイトが、どの職場・職種に強いのかという点は必ず抑えておきましょう。

転職サイトは運営会社によって、あなたの希望する職場に強いエージェントでないと、いくら希望を伝えてもコンサルタントがよい条件の求人を紹介してくれなかったり、入社後のミスマッチが起こりやすくなったりします。

 

 

職場・職種別 の平均年収ランキング

◆職場別の平均年収

1位 製薬メーカー・MR(医薬情報担当者)     500~800万円

2位 製薬・化学などのメーカーの創薬研究者   450~750万円

3位 製薬メーカーのCRA(臨床開発モニター)  450~700万円

4位 ドラッグストアの薬剤師          400~700万円

5位 調剤薬局の薬剤師             400~650万円

6位 病院・医院の薬剤師            380~550万円

 

▪都会と地方の格差

地方の薬剤師求人は年収が高い?
「薬剤師は地方の方が年収が高い」という話を聞いたことはありますか?

本当に薬剤師業界って特殊で、他の業種に比べて地方の求人の給料がかなりいいんです。

普通は地方の方が人口が少なくモノやサービスへの需要も少ないので、

企業も地方には最低限の人員しか配置しませんし、物価も東京に比べるとはるかに安いのでそのぶん給料も少なくされがちなんですよね。(余談ですが、東京の物価って化け物ですよね。都心に住むと一人暮らし用のマンションで10万超えるのが普通とか・・・)

ところが薬剤師は別で、平均年齢は地方の方が高いので医療に対するニーズは地方の方が強く、

なおかつ働き手は少ないので普通の薬局が年収600万以上の求人を出してることがあるのです!

全部が全部そうだとは言いませんが、鹿児島とか薬剤師がなかなか来ないところだとたまにびっくりするような求人とか見かけます。

薬剤師になる方は優秀な人が多く、大学で地方の中でも大きな都市とかに出て行ってそのまま就職することも多いですからね。

 

▪年収高いから仕事が激務、というわけではない

それだけの年収もらって薬剤師の数自体が少ないということは激務なのでは・・・と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、意外とそうでもありません。処方数は30〜40枚くらいでしょうか。

年収が高くても理由は薬剤師がいないと処方できず薬局を閉めざるを得ないので、それだけの条件を出して薬剤師に来てもらっているだけで、いくら人を雇っても人手が足りない〜という都会にありがちなドラッグストア状態なわけではないんですよ。